ニトリで買った安~い時計をアンティーク風にリメイクしてみました。
工場にあるような時計を目指しました。

IMG_9525sfd.jpg


<リメイク方法>
全て解体してから作業します。

◆周りの部分◆
100均のアイボリーとホワイトのペンキをませて、筆で叩くように着色して下地を作ります。
普通に塗るより、叩いて塗った方が鉄っぽいテクスチャが出ておすすめです。

ペンキが乾いたら茶系のアクリル絵の具で錆っぽくバサバサ描く。だけ!

◆ガラス部分◆
時計のガラスにあたる部分(※この時計はプラスチック製)
目の粗いやすりで削って100均のwater varnish(木工で使う工作用ニス)をティッシュにつけて薄く着色する。

こうすると、光の反射が柔らかくなり古びたガラスっぽくなりました。

ガラス部分のヒビですが、これは意図して作ったのではなく、
元の状態に戻そうとしたらガラス部分がずれていたのに気付かず無理やりネジを締めて、誤って(笑)ヒビが入ってしまいました(笑)
まぁ・・これはこれで・・・あり?


▼文字盤も変えました。針はやすり棒で傷めつけ、アクリル絵の具で赤さび感を出しました。
IMG_9524fve.jpg

2歳のムスメがこの時計を発見した途端、「うわーばっちぃ!とけい!!」
と神妙な面持ちで言うので大笑いしてしまいました(笑)


そうだよね
わざわざ時計よごしちゃって・・・
母はなにやってんだろね・・・


手持ちの材料でなんとなく作ってみたのですが思いのほかいい感じになったのでご紹介しました。
ただ、ちょっと・・・いや、かなり?汚し過ぎてわざとらしいので
また気分が乗ったら色を変えようと思います~

因みに、分りにくいですが!元の時計はこんな感じでした。

IMG_4544ds.jpg

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
playboy oakley 眼鏡