オーダーいただいているお客様、お待たせしており申し訳ございません!!
現在挙式が近いお客様から順に製作中です。
2月10日現在のご予約状況をお知らせいたします。


2016年
●ウェルカムボードご予約状況●
2月満席(ご予約できません)
3月満席(ご予約できません)
4月満席(ご予約できません)
5月満席(ご予約できません)
6月残りわずか(ご予約内容によってはお作りできます)
7月空き有(ご予約できます)
8月空き有(ご予約できます)
9月空き有(ご予約できます)
10月空き有(ご予約できます)
12月空き有(ご予約できます)

よろしくお願いいたします☆
明けましておめでとうございます。


まだまだいたらないことだらけですが、いい作品が作れるよう心をこめて一生懸命がんばります!

本年もどうぞ宜しくお願い致します。




皆様にとっても素敵な一年となりますように。

携帯からお問い合わせをいただくことがありますので
blogでも席札立ての詳細をご説明致します。

マカロン席札立ては
まず席札を挟む部分をお選びください。

挟む部分は
*シーリングワックス風チョコ(“P”ロゴ)
*苺
*ワイヤーに木のクリップ

の3種類お選びいただけます。

5588005_1140064563_130large.jpg
▲シーリングワックス風チョコは白、紫、ピンク、チョコ色の
4色からお選び頂けます。

5588005_1075858419_81large.jpg
▲シーリングワックス風チョコ使用例

5588005_1075858432_232large.jpg
▲苺使用例

5588005_1075858430_151large.jpg
▲ワイヤーに木のクリップ使用例


その上で、席札立てのデザインやイメージのご要望をお聞かせください。
全て同じデザインのものをお作りできますし、
マカロンのお色や席札立てにつけるモチーフの組み合わせを変えることで1つ1つ別の席札立てをお作りできます。
デザインをご相談いただいた上で
オーダー料金や付加材料費をいただく場合がございます。


※オーダー料金※とはデザインのご相談を頂いた上で、特別なデザインや技術が必要になった場合に発生いたします。(ミッキー形マカロンなど)
※付加材料費※とは通常より+αに材料費(パールビーズ、スワロフスキーなどのパーツ)がかかってしまう場合に発生します。
まずはお気軽にご相談ください。


暑い。

それしても暑い。

ムスメも既に汗びっしょり。

頭皮からは甘酸っぱい香り笑


節電もあるし今年の夏は乗り越えられるのだろうか・・・


そして

こんな時期にアリエッティを観ていたら、本気ドールハウスを作りたくなってきた。

中学生の夏休み、ドールハウスにハマって汗だくで作っていました。

あの感覚を思い出すと堪らない。。


当時作っていたものより今ならきっとクオリティのあがったものが作れる・・・はず

・・・いつかは作りたい。

うずうず


そして今月号のBRUTUSの片桐仁の粘土作品がえげつなくてテンションあがりました。笑

『日本的な引き算をする美学みたいなものを否定していきたい。シンプルなんてダサいんです!』

作品を見れば納得します。

スカルピーにも挑戦してみたい今日このごろ。
986224583_174.jpg


986224583_219.jpg

986224583_223.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■写真展「余白」


■会期
2008年11月25日(火)~30日(日)
12:00~20:00(最終日は17:00まで)

■会場
GALLERY PARAISO

大阪市中央区西心斎橋2-10-27 森ビル3F
tel & fax: 06-6213-8053
http://www.paraiso-tv.com/event/index.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

K.ムラカミさんが写真の二人展します。
アメ村のPARAISOというギャラリーで行います。

お買い物ついでにみにいってあげてください。暇つぶしでもいいので。
私が言うのもなんなんですが・・・
みても損はないです。むしろみる価値はあると思います。

ちなみに私が被写体の写真もいっぱいあると思いますのでそこにも注目です笑


DMは二種類あります。
DMが欲しいという方は私に言ってください☆
khu.jpg



『こどものあこがれ、おとなのおもちゃ』


子どものころ憧れた

お母さんのお化粧品、宝石、キラキラしたビー玉、お祭りの光、、、

思い出や季節の匂いはいつまでも色あせることなく

原風景として心に刻まれている。


大人にとってみれば

子どものころに憧れたものは何気ない、ただのオモチャにすぎなかったのかもしれない。


それでも

いや

だからこそ大切にしたい。




そして私はタコスもドンタコスも大好き。




| main |